膀胱炎

MENU

膀胱炎の治し方は?

 

 

膀胱炎というのは治し方が色々とあります。
細菌の感染が原因となっている病気なので、細菌を殺菌するか、体外へ出すことができれば膀胱炎は自然と改善されていきます。

 

まず、水分をたっぷりと摂取するようにしてみてください。
尿というのは自浄作用という効果があるということが確認されています。
これは体外に尿を出すことによって細菌、不純物といったものを洗い流すことができます。
そして、膀胱炎を発症した時には、治療中でもこの作用は極めて重要なのです。

 

膀胱内の細菌を洗い流すのは、病気の早期治療に効果的なのです。
排尿痛の症状が出ることもあるのですが、そのような場合においてもトイレに行って排尿をするというのは重要なことなのです。

 

また、抗生剤を使用して治療することもあります。
抗生剤は至極一般的な治療法なのですが、細菌を殺していたり、増殖を防ぐといった抗生剤の種類ごとに効果は違ってくるのです。

 

膀胱炎になった時には、抗生剤を使用した治し方が一般的なのです。
服用してから数日で症状は落ち着いてきて、1週間もすれば膀胱炎は治療することができます。

 

このように、膀胱炎には色々な治療法がありますので、治療法についてしっかりと確認をしておくようにしましょう。

 

 

膀胱炎の代表的な症状

 

膀胱炎になると様々な症状が出るようになります。
代表的なものとしては、次のようなものです。

 

頻尿はやはり最も多い症状です。
短時間の間に何度も何度もトイレに行きたくなってしまうことがあります。

 

さらに排尿時の痛みもよく起こります。
トイレで用を足す時に激しい痛みを感じます。

 

排尿したばかりであるにも関わらず、残尿感を感じる時もありますので、膀胱炎を発症している可能性があるかどうかの判断基準になります。
膀胱炎というのは細菌が尿道内に侵入して、膀胱内に炎症が起こることで発症します。

 

女性はこの膀胱炎になりやすいので注意しなければなりません。
特に女性の場合には膀胱炎を発症しやすいです。

 

女性が膀胱炎になりやすいのは、尿道と肛門との位置が近いために雑菌が侵入しやすいからです。
ストレス、疲労などによって抵抗力が低下していると発症しやすくなります。

 

普段からバランスのとれた食事を心がけて十分に睡眠、運動をしなければなりません。
それでも膀胱炎になったのであれば、頻尿や排尿時における痛み、残尿感といった症状が気になっている時点で病院において検査を受けることです。

 

そうすることで、より効率よく膀胱炎を改善することができるようになりますので、試してみてください。

 

膀胱炎の種類

 

膀胱炎においては大きく分けると急性のものと、慢性のものとがあります。
急性膀胱炎というのは細菌が感染することで引き起こされています。
一般的に、膀胱炎と呼ばれているものはこの急性膀胱炎を指します。

 

急性膀胱炎を発症する、というのは女性が多く、男性が急性膀胱炎の症状を引き起こすことはほとんどありません。
急性膀胱炎の主な症状というのは、頻尿、もしくは血尿などによって発熱の症状が出ることもあります。

 

それに対して慢性膀胱炎と呼ばれるものは基礎的な疾患が原因となっており、膀胱内部において細菌が侵入し増殖するのです。
そして繁殖することで引き起こされるようになるのです。

 

慢性膀胱炎の症状というのは急性膀胱炎とそこまで大きな違いはありませんが、慢性膀胱炎の場合には症状は軽くなります。
自覚症状を感じない方もいるのです。
慢性膀胱炎を引き起こしている基礎疾患として、尿路結石、糖尿病といったものがあります。

 

慢性膀胱炎の治療法ですが、細菌の感染である場合には急性膀胱炎と同じように抗生物質、抗菌剤といったものを投与するというのが一般的です。
ただ、急性膀胱炎においては抗生物質、抗菌剤の投与によって短期間で改善されることが大半です。

 

排尿時における違和感等があれば、すぐに病院で治療をしてもらうようにしましょう。

 

更新履歴